« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

お楽しみ

1年ほど前のプライベートな集まりでの写真。(2007.Nov撮影)

Img_1930b お酒も入っちゃって、ゴキゲンです。
Img_1934b でも、しっかり相手を挑発しちゃったりして。。。
Img_1924b  挑まれちゃったのはこの方と
Img_6512b この方。
Img_1935b_2 そう来るか~! なんてね。

楽しそうですね。

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水)

天然もの

Img_1325 ご無沙汰してました。皆さんはどんなお盆を過ごされましたか? 盆なんか関係ない、仕事してたよ、なんて方もいらっしゃるでしょう。

僕は13日から16日まで、埼玉~群馬辺りに出掛けていました。 写真は以前bbsで紹介した事がある、ここ数年ゴールデンウィークの頃恒例になっている”竹の子ライブ”で有名な(笑)、埼玉県は関越自動車道東松山インターからほど近い滑川町福田という所で撮影したもの。 

竹の子ライブの主催者のKさんが、天然鮎を食べる会をやりましょう、という事で昼時に行ってみたのであります。 養殖の鮎と違って、骨がしっかりしていて、肉と骨の分離がよく、とても食べ易かった。もちろん味も抜群だったのは言うまでもない。 

かれこれ20年近く前、名古屋で天然鮎を食べた翌日、大阪の居酒屋で養殖ものを食べたが、値段が10分の1だったのを今でも覚えている。養殖ものもそれなりに美味しかったので、天然ものが10倍の価値があるか、と聞かれたら、困っちゃいますね(笑)。まあ、お金が余るほどあったら、迷わず何時も天然を食べると思います、ハイ。

続きを読む "天然もの"

| | コメント (2)

2008年8月19日 (火)

ニュートラル

Pa178165b 演奏中の表情。

(2002.10.撮影)

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

デュエット

Img_1306 12日は六本木サテンドールで、僕が深くかかわった二人のボーカリストとのライブをやった。祐生薫(男性)と石川早苗(女性)である。

祐生君とは彼のデビュー・アルバムのレコーディングのために、アレンジ&アルバムのタイトルにもなった、”BitterSweet”の作曲もやった。一緒にニューヨークに行ってのレコーディングだった。もう5年前だなんて!ついこの間のようだ。 

早苗ちゃんとは、やはり彼女のデビュー・アルバムで、こちらは僕がプロデュースをやり、この日のライブで一緒だった、橋本信二gさんや、トオイダイスケb君にも参加してもらった。こちらは去年だからまだ、ついこの間なんだけど、随分前のようにも感じる。

男性と女性ボーカルのデュエットは歌謡曲やポップスの世界ではよくあるが、以外にジャズの世界では珍しいのでは。 あっても企画物の印象が強く、バックをやる側としては、お仕事的であまり面白くない。 が、この日のライブは、アドリブが大得意の祐生君とアカペラグループもやっている早苗ちゃんの二人だけあって、即興的なハモリやオブリガートが主体で(アレンジなしのぶっつけ)、とてもジャズ的で楽しかった。 またやりましょう!

| | コメント (1)

2008年8月12日 (火)

プール

Img_0860 これは去年の暮れバリ島に行ったとき宿泊したウブドのホテルのプール。そう僕にとってのプールは日常生活からかけ離れた夢~ロマンを与えてくれる、甘いイメージ。

ところがである、11日の昼頃洗車屋の控え室のテレビで観た、水泳男子100m平泳ぎ決勝の北島康介選手にとってのプールは、まさに決戦の場~戦場である。1分にもみたない、たった一度のやり直しのきかない戦いに、4年の歳月をかけて望むのだから。

物凄い試合だった。終わってみれば、世界の強豪を尻目に、世界新58秒91で見事に金メダル!ゴールの瞬間思わず人目を憚らず、思わず叫んでしまった(笑)。 いやぁ、お見事、兎に角凄かった! 感動した。リアルタイムで観れて、本当に良かった。最高!そして本当にご苦労様でした。 お疲さま。

 さて、この北京オリンピックの開会式は、録画で観たのだか、これには本当にビックりした。 大体、横浜中華街のチャイニーズ・レストランの、お客に対する応対の”横柄さ”や靖国問題~教科書問題で、ことごとくいちゃもんをつけて来る中国、中国人は大嫌いなんだけど、あのセレモニーを観て新たな感慨が湧いた。

 最先端のIT技術を縦横無尽に使いこなし、それをお家芸の人海戦術で、前人未到の表現形式を創りあげていた。 あんな開会式今まで一度も観たことがない。まさに空前絶後であった。 嫌な奴らだ、とばかり忌み嫌っていてはいけないと反省した。 中国&中国人は凄いよ。 日本も日本人もホントうかうかしていたら、消滅させられちゃうよ。頑張ろうぜ日本人! そんな気持ちにさせられたのであります。

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

横顔

Dsc05370_2客席にて。

古いライブラリーからの1枚。
(2002.11.撮影)

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

友遠方より来る

Img_1300 8/5日(火)は、青山のBODY &SOULで僕のトリオのライブだったが、「不協和音」の発売記念とあって、豪雨と雷の中(オレのライブでは常識かな?)久しぶりに駆けつけてくれた友人、知人もいて、とても嬉しい夜になった。

左の彼はO君といって、アメリカで活躍するIT業界のスペシャリストだが、今から17~18年前に僕がピアノを教えた事があり、今でも日本に帰って来た時には、僕がホスト役のセッションには必ず顔を出してくれる旧友である。

彼に教えていた頃は、学校のような所で教えていた訳ではなく、僕のピアノ~音楽観に共感してやって来た数人の若者(オレも若かった)を自宅で教えていただけでした。ですから、生徒というよりは弟子であり、友人でした。

彼は僕からは女の口説き方、付き合い方をとことん伝授され、そのお陰で奥さんが家を出て行ってしまった(その後戻ってきたそうです)などと、しばしば第三者にも広言してはばからない、とんでもないヤツです(笑)。 僕の名誉のために言っておきますが、音楽には”色気”がなければ駄目だ、と常々言っていただけです。「ナオンのケツを撫でるようにピアノは弾くんだよ」、と言った記憶はありますが(笑)。

続きを読む "友遠方より来る"

| | コメント (3)

2008年8月 2日 (土)

退院

Img_1296_2 7/29日は、昼前から、夕べ退院して来たマゼに乗りいざ出撃。今回はパワーステアリングの不具合の治療が主だったが、関連する部品がなく、イタリアから空輸。なんと3ヶ月近く、代車のゴルフ・ワゴンに乗っていたので、このクルマのガソリン・タンクに入っているのは4月に入れたリッター121円のハイオクガソリン。 

ゴルフ・ワゴンとは次元の違う洗練されたハンドリングにうっとりしながら、まだまだこいつは手放せないな、と悦に入る。

思いっきり走ろうとするが、どこも何故が渋滞。これじゃあどうにもならんと、高速に向かうべく別ルートへ。すると今度はスイスイ。すると前方左側に沢山のお巡りさんが、、。あっ、やっちまった、と思いきや、これからスピード違反の取り締まるを始めようとする開店前のまさに”準備中”だったのである。 助かった!わぁ~い(笑)。 

しばし木陰で一休み。 それにしても昔からの事なんで馴れちゃっているけど、やっと渋滞を抜けた、とホットした心の開放感~隙を突いて取り締まる警察のやり口は、非人道的だよ。頭にくる。 ネズミ捕りというけど、ほんと人間が人間にする事ではない。やっぱ友達にはなれないね(笑)。

| | コメント (3)

アスリート2

Img_1295 心花(ときめき)の後は、All of me clubで佐々木朝美vちゃんとデュオ。

人に薦められて聴きに来てくれたドイツ人のE氏に遭遇。 どんな所で誰に聴かれているか分からないのがボクらの仕事。飲んでたから、と言い訳は出来ない。お巡りさんには、どんな時でも飲んでません、て言ってますけど(笑)。

ここには、あの瀬古さんが聴きに来てくれた。なんでも、福田重男ならぬ、福田康夫総理と皇太子殿下ご臨席のもと、北京オリンピック参加選手&監督~スタッフ総勢500名の壮行会の後だとか。スーツの胸についている日の丸が、日本代表を物語っているね。

楽しい一時を過ごしていると、またまた嬉しい知らせが、そうです、長らく入院していた愛車のマゼを六本木に届けてくれる、という電話が。 もちろん飲んだくれて乗るわけではなく、主治医のA氏の運転でボクのガレージへ。 

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »