« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月20日 (土)

終焉

Img_1576 今年は100年に一度と言われる未曾有の金融恐慌が世界を揺るがしているが、ボクの大好きなクルマにとっても受難の1年でした。

年初から原油価格の高騰による世界的なガソリン価格の高騰で、排気量の大きな高級車、燃費の悪いスポーツカーは、反エコの槍玉に挙げられ、ハイブリットカーや軽への乗り換えが進んだ。そこえもって来て、リーマン・ショックによる金融危機が引き金になり、アメリカの工業株は大暴落、中でも過去100年に渡り強いアメリカの屋Img_1575台骨だったっ自動車産業、ビッグ3が、破産の危機に晒されているのは周知の事実でしょう。

これは最近よく耳にする「あのトヨタでもダメなんだから、ダメに決まっているよ」のトヨタが神宮外苑、絵画館広場で主催したクラシックカーフェスタでの1コマ。

上は世界初のガソリン自動車とされている、1886年カール・ベンツ作の、三輪車。

そんな発明家の努力から生まれたクルマが、20世紀に入り貴族~ブルジョアの道楽として発展をとげるが、庶民には未だ縁のないシロ物でしかなかった。そんなクルマを大衆のものに初めてしたのが、下のヘンリー・フォード作のT型フォードです。このクルマは何が画期的かと言って、そのフォードシステムと呼ばれるようになる、大量生産方式から生まれた事です。このシステムが普及したからこそ、クルマは大量生産が可能になり、一般大衆でもクルマが持てるようになった訳です。20世紀後半のクルマ社会は、このクルマから始まったといって過言ではないでしょう。

続きを読む "終焉"

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

再会

Img_0878 これは、ちょうど今から一年前、バリ島に福田トリオで行った時に、ウブドにあるAS ONEというライブスペース&ギャラリーで演奏した時の写真。 左から僕、上村信b、セシル・モンローd、朝本千可ss

この時はバリのリゾートホテルから依頼されたCDのお披露目パーティに出演するためにバリに行ったのですが、このCDのプロデューサーでありサックス奏者である、バリ在住の朝本千可さんとセッションした時のもの。彼女はこのお店のオーナーでもある。

Img_0862 この日は演奏もさる事、宿泊したホテル~スパも最高だった。

この写真はメインベッドではなく、プールサイドに面した側にあった、補助的なベッドだから、その豪華さは推して知るべし。日本だったら幾らするんだろう?

また飲み食いにも繊細な心遣いをして頂き、大満足の旅だった。

ありがとう、千可ちゃん!

Img_1587 そして、一年たった12/15(月)新宿のグリーンバード・スタジオで、再会!

前回のCDでは、福田トリオと朝本千可さんとの競演バージョンがなかったので、この日は彼女のオリジナル、僕のオリジナル(Rachel's Lament)、ジョニ・ミッチェルのオリジナルなどをレコーディングした。

CD発表というよりは、今後のアジアでの展開を考えたプロモーション的なもので、来年はもしかすると、このユニットで南アフリカに行くかも知れない。行けたら最高だね。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

ISSM

Dsc02163_2 これは、11月18日に静岡市のグランシップ(静岡県コンベンションセンター)で行われたISSM(国際地下圏微生物シンポジウム)でパーティーでの演奏を依頼され、演奏直前の福田トリオの面々である。

このトリオのメンバーとは、嘗てDVDも制作した、映像向きのイケメン揃い(笑)。この日は国際的なパーティーとあって、珍しくも全員がネクタイ!をしている。実はセシルにはそんな指令が行き届かず、僕の予備のネクタイを貸してやったのですがね(笑)。

この日の演奏の模様は、この企画の立案&実現の功労者であられるDsc02166_2GorditoさんのBBSでの書き込みに詳しいです。

Gorditoさんの流暢な英語のアナウンスで呼び込まれ、演奏中に視界に入るお客さんは外人ばかり。まるで静岡はおろか、日本に居る事をふと忘れ、外国で演奏しているような錯角にとらわれました。

まっ、日本男児ここにあり!てな気分でしたよ。

最後にこの国際会議の総合プロデューサーであり、{なんかカッコいい事がやりたいんですよ福田さん」と言って、僕らのトリオを起用してくださった、静岡大学教授の加藤憲二先生、ありがとうございました。お疲れ様でした。

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »