« アフターアワーズ | トップページ | 中秋の中伊豆 »

2016年3月 6日 (日)

福田重男&コモブチキイチロウ(b)DUO@代官山Lezard

3月1日のライブの模様です。

Img_3591

福田トリオではもうすっかりおなじみのコモブチさんですが、ここレザールでのDUOは久しぶりです。

この日の選曲は、オリジナルあり、ブラジリアンあり、Jazzのスタンダード、それに往年のPOPSなどヴァラエティに富んだ内容でした。

Img_3606_3
この日コモブチさんはウッドベースとエレキベース、両方使っていましたが、ウッドが中心でしたよ。ブラジル音楽の世界で有名なので、そういったイメージなのですが、Jazzスタンダードもすごくカッコイイです!heart04

Img_3602

福田さんもソロに聴き入っていらっしゃいましたよ。

Img_3615

福田さんゴキゲンnote

久しぶりにゴルフの練習をして、調子がよかったそうでMCでもその話題に。

Img_3594

Img_3593

和やかな雰囲気でステージは進んでゆきますが、ちょっとマジメに聴き入ってみると、かなりの難易度の曲がチラホラ。たとえば福田さんのオリジナル「YouCan Take... , You Can Give...」なんて5拍子でしょ、それからファンキーでリズミックなアプローチの曲はドラムが居ないとかなりシンドイはず。でも、そんなこと全く感じません。

後でMCで「大変なんですよ~」とおっしゃってましたがcoldsweats01

Img_3604
ハイ、これ↑本気出すときのお顔sign03
やっぱりね、このスピード感としなやかさ、抜群ですよ。

Img_3581
実はこの日は、個人的に期待していたほどブラジルテイストの曲は多くなかったのですが、ブラジルの巨匠ノエル・ホーザの曲を演奏されていました。サンバがお好きな方にはおなじみの作曲家のようですね。コモブチさんと出会った化学反応なのでしょうか。。。

サンバやボサノバ、ショーロなどの少し憂いを帯びた美しいメロディーを、福田さんのハーモニーセンスと輝度の高いクリアな音色で料理すると、まさに珠が磨かれたような感じを受けます。吟醸酒みたいって言うのかな?
そういえば、Sakeism(Jazzと日本酒の会)のときもそういう風に紹介されているなぁthink

Img_3670
まだ知らない美しい曲を、もっとたくさん紹介して欲しいですね。
今はもうすっかりレギュラーメンバーとなったコモブチさんですが、何がきっかけで?と福田さんに尋ねたところ、ここLezardに遊びに来たときにコモブチさんが出演されていたのだそうです。「久々に再会して、ちょっと一緒に演奏してみたら、良かったんだよね。」と。
ここのお店が原点だったなんてsign01

-Photo&Report by Caroline

|

« アフターアワーズ | トップページ | 中秋の中伊豆 »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフターアワーズ | トップページ | 中秋の中伊豆 »