« TRIO'ツアー | トップページ

2017年8月13日 (日)

レコーディング風景

9月6日のNEWアルバム発売まで、いよいよあと1ヶ月を切ったということで、先日お二人にお話を伺わせていただきました。詳しい記事は後日アップいたしますが、まずはレコーディングの様子など、チラ見させていただきましょう。

レコーディングメンバーは、福田重男(p)、布川俊樹(g)、コモブチキイチロウ(b)、奥平真吾(d)。
録音は、3月6日、7日に、福田さんの故郷、群馬県は前橋のスタジオで行われました。
福田さん、コモブチさん、奥平さんは、普段から福田重男トリオで共演されていますが、布川さんを加えてのカルテットは、レコーディングの数日前に関内Jazz-Isでライブをしたのが、おそらく最初。布さんのオリジナル曲もそのとき初めて譜面が渡されたようですよ。
関内Jazz-isでのライブリハの様子

011f720441c0038906aa1ca9f1a55268c9f

前作はDuoアルバムでしたが、今回はDuoが4曲、カルテットが5曲という内容。
メンバーの選出についてたずねたところ「福田重男トリオのあの二人がカッコいいなと思って、一緒に録りたかったんだ。」と布さん。

0128d961ad28646bfdef5c36639dbfe8e7b

曲は今回のアルバムのために書き下ろしたそうですが、メンバーは特にイメージしていないということ。Duoでやる曲と、カルテットでやる曲は、曲作りの段階からある程度分けて書かれたようです。タイトル曲「Old Boys' Dreams」はカルテット用の曲なのですが、これから始まるレコ発ツアーはDuoでまわるそうで、どうやって二人で演奏しようか考え中なんだとか。アルバムとのアレンジの違いを聴くのも興味深そうですね。

015002235a20b51899c09dfc1a9f0eada26

今回驚いたのが、福田さんがピアノ以外にシンセも弾いているということ。
「ウェザーリポート聴いて、福田氏がフュージョンやろうって言い出してさ(笑)」と布さん。
ここ20年くらいの活動を拝見していると、アコースティックピアノのイメージしかありませんが?との問いに、「92、3年までは、フュージョン系の仕事が多かったから、ピアノじゃ音が抜けなくて、エレピとかシンセのほうが多かったよ。」と福田さん。
フェンダーローズやDX7なども持っているそうです。
ライブにはいつも手ぶらでやってくる(かばんくらいは持ってますけどsweat01)イメージなので、なんだか意外ですsign01
早く音を聴いてみたいですね。

0134d3b147777135ddaf25d28ad2556e3c6

- by Caroline

|

« TRIO'ツアー | トップページ

レコーディング&作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TRIO'ツアー | トップページ